ドンキのつけ爪ってどう?

ディスカウントストアで知られているドン・キホーテは通称ドンキと呼ばれますが、ドンキには沢山のつけ爪が販売されています。

つけ爪専用のコーナーがあり、デザインも多岐に渡るため、年齢を問わずにドンキでつけ爪を購入する人も多いでしょう。

ドンキで販売されているつけ爪は国内で製造されているものよりも海外で製造されているものが多く、耐久性に関してはあまり期待する事ができませんが、それでもお出かけの際などに使用していれば数回は繰り返しの使用が可能なので、経済的と言えます。

ただ、ドンキのつけ爪は同封されている接着剤のお肌に合わないという意見も多く、特にお肌が敏感な人は、つけ爪をする際に接着剤が肌などに付着してしまうと肌荒れが起きたり炎症が起きたりする事があるようです。

そのため、ドンキで付け爪を購入しても、接着剤だけは他のメーカーを使用していると言う人もいます。

新しいデザインが次々と入れ替わり、無地のつけ爪関しては大量パックが販売されているので、自分でつけ爪のデザインを楽しみたい人にはニーズの高い商品と言えるでしょう。

近くにドンキがあればいつでも購入出来ますが、そうでない場合には何かの機会でドンキに出かけた際に複数パックを購入しておくと重宝します。

またドンキでは、つけ爪のみでは無く、接着剤や接着シートだけでよ販売も行っているので、こうしたパーツが欲しい場合にもリーズナブルに、尚且つ大量に購入出来るのも大きな魅力となります。

常に指先を可愛らしくしたいと思っている人や、外出時のみつけ爪をするので接着剤ではなく、シールでのつけ爪を楽しみたい人などにも人気のある商品となっています。