つけ爪の付け方

ドラッグストアを始めとして、デパートやインターネットでは様々なつけ爪が販売されています。

こうしたつけ爪を購入し、自分で爪に装着する事でいつでもその日の気分に合わせて可愛らしい指先にする事が可能です。

しかし初めてつけ爪を購入した場合には、正確なつけ爪の付け方がわからずに悩んでしまう事もあるでしょう。

一般的につけ爪を購入すると、自分の爪に接着するための接着剤やテープが同封されていますので、こうしたものを使って自分の爪に付けていく事になります。

粘着力に関してはそれぞれの商品によって違っていますので、万が一外出先で剥がれてしまう事があっても良いように、接着剤やテープを持ち歩いておくと良いでしょう。

テープは両面テープになっていて、自分の爪の大きさに合わせてカットが出来ますのでテープが爪から飛び出してしまうような事はありません。

しっかりと密着させるようにつけ爪を付けた後は、しばらく指先を使わないようにしておくと粘着力が高くなります。

ただ、こうしたつけ爪は水分に弱い性質があり、シャワーを浴びていたり、洗い物をしている内に取れてしまう事があります。

また近年では減ってきていますが、缶ジュースを開ける際などにもしっかりと力が入らずにつけ爪が取れてしまう事があるので、缶ジュースは控えるようにしなければなりません。

つけ爪は非常に簡単に自分の爪を可愛く見せられるアイテムになるので、好みのデザインのものを見つけて、いくつか持っておくと重宝します。

特にインターネット通販では、様々なデザインを選べるようなセット販売もありますのでお得です。